menu
close

ブログ

インビザラインとは

 

こんにちは🌞仙台キュア矯正歯科です♪

今回は前回のブログでも紹介したマウスピース型矯正の

インビザライン

の特徴について詳しくお話をします♪

矯正装置にはどの種類にもメリットデメリットがあります。

以下のような特徴が人それぞれメリット・デメリットの感じ方が違うので

きちんと知ったうえでご自身に合った矯正方法を見つけることが大切です😊🌷

是非、参考にしてみてください。

1.目立ちにくい矯正装置

マウスピース矯正は装置が目立ちにくいことが一番のメリットです。

薄く透明に近いので装着していても着けていることが分かりにくいです。

マウスピース矯正は、治療中の見た目が気になる方

人と接する機会の多い方などにおすすめです。

しっかり歯を動かすためにアタッチメントと呼ばれる

歯の表面に歯科用レジンを付けることがありますが、

歯に近い色を使用するので目立ちにくいです。

また、インビザラインのマウスピースには金属は含まれていません。

ポリウレタン製の薄く比較的柔らかい素材を用いているので、

金属アレルギーの方にも問題なく使用いただけます

 

2.装置が取り外し可能

大きな特徴のひとつはワイヤー矯正装置とは違い、

患者さまご自身の手で取り外しができることです。

インビザラインでは1日22時間以上の装着が推奨されています。

(臨床的には通常、20時間程度の使用で問題無いと考えられています。)

マウスピース矯正は、食事の時には取り外していただくので、

装置に食べ物が詰まる心配なく、治療中も普段通りに食事ができます

 

食事のあとはもちろんマウスピースを装着しますが、

歯磨きをしていない状態で装着するとむし歯のリスクが高まります。

矯正をしている・していないに関わらず歯磨きは重要ですが、

特にマウスピースを装着してしまうと歯の自浄作用が少なくなるので注意が必要です。

食事のたびに外すので、人前でよく会食をされる方の場合は、

マウスピースを付けはずしが難しいという理由で

インビザラインを敬遠される方もおられます。

また味見をする仕事をしている方(パティシエさんなど)も注意が必要です。

 

3.段階に合わせて新しい装置に交換

 

マウスピース矯正は、治療の段階に合わせてマウスピースを

新しいものに交換し、装着することで徐々に歯並びを整えていきます。

矯正装置は、患者さまご自身で交換していただく必要があるので、

患者さまの自己管理がとても大切です。

 

4.治療期間中も快適!

マウスピース型の矯正装置は金属を使用せず、

唇や口の中の粘膜などを傷つきにくいです。

治療期間中に装置が歯から外れてしまうなどの

緊急性が少ないことも特徴のひとつです。

 

以上がインビザラインの大きな特徴です♪

マウスピース矯正は自分に向いてないかも、、、

と思った方、ご安心下さい🌙

他にも矯正の方法はございます。

もっと詳しく知りたい方、

自分に合った矯正は何だろう?と思った方は

お気軽に無料カウンセリングにいらしてください♬