menu
close

ブログ

投稿日:2023.7.17

マウスピース矯正が痛くないといわれる理由

こんにちは🦷
仙台キュア矯正歯科です🌻
みなさんは「マウスピース矯正は痛くない」と聞いたことはありませんか?
矯正治療はやり方によって費用や治療期間だけでなく、痛みの感じ方にも差があります。
今回は、マウスピース矯正が痛くないといわれる理由を注意点も含めてまとめてみました(‘ω’)ノ
痛みが苦手だけど歯並びを治したいという方は、ぜひご参考ください!

マウスピース矯正はワイヤー矯正よりも強い痛みを感じにくい

マウスピース リテーナー

マウスピース矯正とワイヤー矯正は、見た目だけでなく治療法も異なり、痛みの感じ方にも差があります。
一般的にワイヤー矯正よりもマウスピース矯正のほうが痛みを感じにくいと言われており
治療法に制限がなければマウスピース矯正を選択するほうが身体への負担は少ないといえるでしょう。
しかし、痛みの感じ方には個人差があり、マウスピース矯正であってもまったく痛みがないわけではありません。

マウスピース矯正が強い痛みを感じにくい理由

歯が動く距離が事前に決まっている

マウスピース矯正は、歯を段階的に動かす治療法です。動く幅が事前に決まっており、ワイ
ヤー矯正のように歯科医師の力の入れる強さに左右されないため、強い痛みは感じにくい傾
向にあります。

粘膜に装置による傷がつかない

ワイヤー矯正は、歯の表面に貼り付けるブラケットやワイヤーが立体的で、唇の裏側に当た
る刺激に慣れるまでに時間がかかります。治療し始めたころは粘膜に傷がついて、外傷性の
口内炎に悩まされる方も少なくありません。
マウスピース矯正は装置がワイヤー矯正ほどデコボコしていないため、唇の裏側に触れても
傷がつかず、快適に使用できます。

マウスピース矯正で痛みを感じやすいタイミング

治療開始直後やマウスピースを交換した直後は、歯が動くため痛みを感じやすい傾向にあり
ます。ワイヤー矯正よりは強い痛みがでる可能性は低めですが、まったく痛みがないわけで
はありません。そのほか、顎間ゴムを使用するときや、硬い食べ物を思いっきり噛んだとき
は痛みを感じやすいため、注意が必要です。

お口を温めて痛みを軽減しよう

歯が動く痛みは、お口のなかを温めて血行をよくすることで和らぎます。
ワイヤー矯正であれば温かい飲み物をすぐにお口に含んでも問題ありませんが、マウスピー
ス矯正の場合は装置が変形する恐れがあるため、かならず装置を取り外してから行ってください。
お口のなかを温めても強い痛みが続くときは、痛み止めの服用をおすすめします。
ただし、頻繁に使うと胃が荒れる恐れがあるため、お口のなかを温めても強い痛みが引かない場合に
のみ行ってください。
痛みが強いときは食べる食材にも注意して、できるだけ柔らかいものを摂取することが大切です。

矯正治療のご相談はぜひ当院まで🌻

マウスピース矯正は、ワイヤー矯正も強い痛みを感じにくい傾向にあります。
まったく痛みを感じないわけではありませんが、治療法に制限がない歯並びであれば
マウスピース矯正を選んだほうが負担が少なく、モチベーションも維持しやすいでしょう。
当院では、マウスピース矯正はもちろんワイヤー矯正も最小限の負担でできるよう工夫をしております。
矯正治療の痛みが不安な方は、ぜひ一度当院までご相談ください(‘ω’)ノ