menu
close

ブログ

出っ歯(上顎前突)を治したい!

歯並びや口元を気にされて悩んでいる方に一番多いのは

‟出っ歯”(上顎前突)ではないでしょうか。

当院でも前歯を気にされてカウンセリングにいらっしゃる方が

たくさんいます。

 

上顎前突(じょうがくぜんとつ)いわゆる‟出っ歯”は日本人に多い不正咬合です。

上の前歯が他の歯に比べて極端に前に突き出ている状態になっています。

前歯だけが出ている状態の他に、上あごの骨自体が出ているケースもあります。

 

出っ歯の原因

出っ歯の原因には先天的(生まれつき)なものと後天的(くせ)によるものがあります。

 

●遺伝によるもの

あごの大きさや顔の骨格、歯の大きさやバランスなどは遺伝の影響を受け、

出っ歯になることがあります。両親と顔が似るように、歯並びも似ることがあります。

 

 

幼少期の指しゃぶり

指しゃぶりを長い期間していた場合、出っ歯になる可能性は高くなります。

5歳を過ぎても指しゃぶりをしていると、指しゃぶりの指で前歯が押され、

出っ歯になってしまいます。

爪を噛む人癖のある人も、上の前歯が前方方向に倒れてきて、

出っ歯の原因になったり、歯と歯の間にすき間ができることもあります。

 

 

口呼吸している人

口呼吸を長く続けていると、いつも口がポカンと開いた状態になって

唇の筋肉が弱ってしまい、舌の筋肉に負けてしまいます。

そうすると、舌の筋肉に前歯が押されて出っ歯になってしまいます。

口が開いていると唇の筋肉の力が弱くなってしまい、舌が前歯を前に押します。

 

舌癖のある人

物を飲み込む時に舌を前に押し出すような癖や、

無意識に上下の歯と歯の間に舌が入りこんでしまうなど

舌が前歯を後ろから押す癖がある場合、出っ歯になりやすくなります。

 

出っ歯の治療方法

一番多い治し方は、出っ歯になってる前歯を引っ込めるために

小臼歯(前歯から数えて4番目または5番目)を抜いて、

そこに出来たスペースを利用して前歯を引っ込めるという方法です。

 

おすすめの治療方法は舌側矯正です!

表側矯正の場合、抜いたスペースに前歯を下げる際、

奥歯を支えにするため奥歯が前に行きやすくなります。

裏側矯正の場合は、ワイヤーを裏に付ける為に奥歯が前に行きにくくなり

より大きく前歯を下げることができます。

なので、裏側矯正は出っ歯治療に向いているんです!

裏側矯正は装置が見えないので矯正をしてることが知られたくない方でも

安心して治療することができます。

 

歯並びの状態や症例によってはマウスピースでの治療も可能ですので、

お興味のある方は一度ご相談ください。

当院では無料でカウンセリングを行っております。

オンラインでも可能ですので、ご予約お待ちしております。