menu
close

ブログ

受け口で顎が長い場合は矯正で治る?

こんにちは🦷
仙台キュア矯正歯科です🌻

「受け口で顎が長い……」と、顎の長さを気にしている方も少なくありません。
受け口は、下の歯自体が前方に出ているケースと
下顎の骨が成長しすぎているケースの2つに大きくわけられます。
前者であれば、矯正治療だけで改善はできますが
後者のように骨格的な問題がある場合は、矯正治療だけでは治すことができません。

今回は、受け口で顎が長い場合に矯正治療だけでどうして治らないのか、改善方法を紹介します。

顎の長さは矯正治療だけで改善できるの?

顎の長さは矯正治療だけでは改善できるケースと、できないケース2つにわけられます。
どれだけ矯正治療をしても、顎の骨の長さが短くなることはないですが
横顔の見た目が変化することで顎の長さが短く感じるケースがあります。

軽度から中程度の受け口で、下の歯だけが前方に出ている受け口の場合は
矯正治療だけで改善することが可能なことが多いです。
歯並びが治ると横顔のラインもきれいになるため
顎の長さが短くなったと感じる方もいらっしゃいます。

鼻の先と顎の先端を結んだ線「Eライン」の内側に、唇がちょうど触れているくらいが整った横顔の指標とされています。
下の前歯を後方に動かすことで、Eラインが整って顎の長さが短くみえるのです。

まずは、矯正歯科でカウンセリングや精密検査をして
歯自体か骨格的な問題が原因で顎が長いのかを診断しましょう。

重度の受け口で骨格的な問題が原因の場合は、矯正治療だけではなく顎の骨切りを行う外科手術が必要になります。

 

顎の骨切り「サージカルファースト」で改善しよう

重度の受け口の場合で、外科手術をする場合は、矯正治療の前に行う「サージカルファースト」を行います。

受け口の方がサージカルファーストを行うメリット

Eライン 矯正 横顔

・下の顎を骨格的に改善できる

・歯並びだけではなく輪郭がきれいに整う

・口を閉じられるようになる

・噛み合わせが整う

・滑舌がよくなる

 

骨格的に受け口で顎が長い方は、歯並びだけではなく顎の長さを短くすることが可能です。
そのため、顔立ちや輪郭を整えることができます。

下顎枝矢状分割術

下顎を前後左右に大きく動かすことを目的とした外科手術です。
大臼歯(1番奥の歯)の外側の粘膜を切開して、顎の骨を切ります。
1~3日くらいは入院していただき、適切なかみ合わせに安定させるために
専用のマウスピース(スプリント)を装着して、顎間ゴムで固定いたします。
腫れや痛みなどの症状がなければ、術後1ヵ月くらいで歯列矯正を開始することが可能です。
当院は、(公社)日本口腔外科学会認定「口腔外科専門医」のいる、あぶかわ歯科口腔外科と提携して矯正治療を進めます。
手術後は、口腔外科医が定期的に状態をチェックして、歯列矯正は渋谷矯正歯科が担当する流れです。
(あぶかわ歯科口腔外科について詳しくはこちら)

外科手術を受けることで、歯列矯正の治療期間が短縮するといったメリットもありますので
顎が長くて悩まれている方は外科手術を視野にいれてみましょう。

受け口のほかにも、口が閉じられない、顎が小さすぎる
下顎が左右非対称といった顎変形症の方にも対応することができる外科手術です。