menu
close

ブログ

投稿日:2023.7.31

受け口は痩せるとなぜさらに目立つのか?

こんにちは🦷
仙台キュア矯正歯科です🌻

ダイエットして可愛くなろうと思ったら、今度は受け口が目立つ様になった、、、
容姿や健康を気遣いダイエットをしたら、次は歯並び(受け口)が気になり始めてしまう
という方、実は少なくありません。
これは、今までよりご自身の容姿について研究をしているからこそ直面する問題です。
1.受け口の定義とは?
2.痩せると受け口が目立つ理由
3.受け口を治す方法は?
今回はこちらの順で詳しく解説していきます🌸

受け口の定義とは?

受け口 矯正 歯列矯正

正常な噛み合わせでは、上顎が下顎の噛み合わせを覆っている形になります。
受け口はその逆で、上顎より下顎が前に出ている状態です。
これを放っておくことで、噛めない、噛みにくいからと噛み合わせのバランスを取ること
が難しくなり、骨格から歪む場合もあります。
そして、受け口には2つの状況があります。

1 歯槽性の受け口

歯槽性の受け口は、歯が生えてくる位置が、本来とはズレていて違うところから生えてき
てしまうことによる受け口です。
上の歯が内側に向かって倒れ込んで生えてくることで、下の歯と噛み合わせた時に、上顎
が下の歯に比べて内側に入ることで受け口になってしまうことを指します。

2 骨格性の受け口

上顎の骨格より、下顎の骨格の方が大きく発達してしまうことによる受け口です。
本来上顎が下顎を覆うサイズ感で顎の骨は発達し、正常な噛み合わせになります。
ですが、そのバランスが崩れてしまったことによる受け口のことを指します。

痩せると受け口が目立つ理由

痩せる前までは、お顔にもある程度のお肉がついていますので、丸顔に見られることもよ
くあります。そうすると、受け口はあまり強調されません。
ですが、ダイエットが成功した場合や、成人してある程度自然に体重が落ちて痩せること
で、より骨格が強調されます。
痩せると分かりやすいお顔の変化では下記の通りです。
・目元がスッキリする
・頬骨のトップの位置が顕著に分かる
・輪郭からエラが主張をする
・埋もれていた鼻筋がスッキリ出る
・マリオネットラインが出る
・おとがい(顎)の先端がハッキリする
・丸顔だと思っていた輪郭がベース、たまご、面長へと変化する
痩せることでお顔にも分かりやすく変化が生じますが、目・鼻と注目されると最後はお口
元に視線が集まります。
痩せることで、より骨格がはっきりしてきます。そうすることで骨格性の受け口の場合に
は、より受け口が強調されてしまうのです。

受け口を治す方法は?

仙台矯正 仙台歯科矯正       仙台歯医者

受け口を治す方法は、いくつかあります。

矯正治療のみで受け口を治す

矯正治療のみで受け口を治療する方法では、歯槽性の受け口と言って歯並びによる受け口
になっている場合には、最善の治療です。
抜歯をして歯並びと噛み合わせを治療する、抜歯矯正では1年半〜2年半ほどで治療を終え
られることが多いです。ケースの重症度によりけりで2年半以上の場合もあります。

・矯正治療と外科手術で受け口を治す

矯正治療と外科手術で受け口を治療する方法では、顎の骨を手術でカットして骨格ごと矯
正治療をする方法と、歯を動かす矯正治療を組み合わせます。
歯並びによっても手術が先になるか、後になるかの計画が変わってきますが、顎の骨をカ
ットして下顎を後ろに下げる手術を行います。

まとめ

いかがでしたか?受け口についてや、痩せると受け口が目立つ理由、
受け口の治し方について理解をしていただけましたでしょうか?
手術を組み合わせる治療は、場合によっては保険適応になる場合がありますので
受け口で矯正治療をお考えの方はぜひ渋谷矯正歯科へご相談ください🦷