menu
close

ブログ

歯並びは段々悪くなる?!

こんにちは🦷

仙台キュア矯正歯科です。

矯正しようかな、と悩んでいる方の中には

「昔はそんなに気にならなかったのに、大人になって歯並びが悪くなってきた気がする・・・」

なんて感じたことないでしょうか?

今回は歯が動いてしまう主な原因をまとめてみましたので、是非ご一読ください!

治療を途中でやめてしまった

歯を抜いたまま治療せずに放置してしまうと、抜けた歯の周辺の歯がずれて歯並びが変わってしまったり

噛み合わせが悪くなることもあります。

頬杖をつく

頬杖を普段からついてしまうと歯並びが悪くなったり顎関節症になったりします。

無意識のうちにやっていることもあると思いますが、なるべくつかないように気を付けましょう。

片方の歯で噛む

常に片方の奥歯だけで咀嚼すると片方だけに力が加わり、左右のバランスが崩れる原因となります。

また、削れやすい歯が特定されますので、噛み合わせにも影響が出てきます。

親知らずが生えてきた

親知らずが生えるスペースがない場合など、奥歯から前歯のほうに向かって押す力が発生するため

前歯の歯並びに影響する場合があります。

歯ぎしり

睡眠中など、気づかないうちに歯ぎしりや食いしばりをしている事があります。

歯が削れ、虫歯になりやすくなったり、噛み合わせが悪くなる原因となりますので

朝起きて顎が痛かったりなどあれば、歯ぎしり用のマウスピースを装着してみるのも一つの手です。

 

いかがでしたでしょうか?

なんとなく当てはまるかも、、、と思ったものはありませんでしたか?

生活習慣や、抜けた歯の放置など、さまざまな原因で歯並びは悪化してしまいます。

もし、もう歯並びがコンプレックスになっているようでしたら、是非ご相談にいらしてください(^^♪

近年の歯並び矯正の技術は飛躍的に上がっており、きちんと矯正すれば歯並びが見違えるように整いますよ!

また、歯並びが現状よりも悪くならないために、歯磨きもしっかり行っていきましょうね🦷