menu
close

ブログ

歯科矯正の器具で口の中が切れることがあるの?

こんにちは🦷
仙台キュア矯正歯科です🌸
「矯正治療の器具が当たっている」
矯正治療をすると、今までなかった装置が入るので、歯並びによっては装置が当たってし
まう場合があります。
理想的な歯並びに歯が動くと当たることは少なくなっていきますし、当たった場合には対
処法もあります。
そこで今回は、歯科矯正の器具で口の中が切れることがあるかについてご紹介します。

矯正器具で口の中が切れることはあるの?

顎関節 歯 むし歯

歯科矯正をすると、装置がお口の中につくので、装置が当たってしまう場合があります。
そうすると、当たった部分が口内炎になってしまい、切れてしまうケースが考えられます。
また、金属の装置を使用している場合に、金属アレルギーを発症してしまった場合には炎
症が起きて口の中が切れてしまう場合があります。

矯正装置が当たった時の対処法

歯 矯正 歯列矯正

矯正装置が当たって痛い時の対処法は、
ワイヤー矯正の場合にはブラケットに「ワックス」を使用して粘膜を保護しましょう。
特に矯正の初期の段階は歯列からはみ出ている歯などは粘膜に当たりやすいです。
ワックスは汚れや水分が多くついていると取れやすくなります。
ワックスを貼り付ける時には、歯磨きをして、装置が乾いている状態でつけると良いでしょう。

ワックスの使用方法

1 ワックスを米粒大くらいの大きさにとる

この時手洗いをして清潔にしてから行いましょう。
そしてワックスを丸くまるめましょう

2 装置と歯面の水分を取る

水分がついているとワックスがはがれやすくなってしまうので、ガーゼやティッシュ
などで水分を拭いましょう。

3 ワックスを装置につける

痛みがある部分や口が切れてしまった部分に当たっている所をカバーします。
ブラケット装置の凸凹にワックスが入り込むようにゆっくり押していきます。
食事の際にはワックスを取り除いてから食事をしてください。
また、誤ってワックスを飲み込んでしまっても身体に害はありませんのでご安心ください。

また、マウスピース矯正の場合には、当たっている部分の調整が必要な場合がありますの
で、1度ご相談ください。

金属アレルギーの場合

金属アレルギーの方は金属を使用しない審美ブラケットや審美ワイヤーを使用しましょう。
金属だと見た目も目立ってしまいますが、審美ブラケット、ワイヤーは白色や透明なので
矯正装置が目立ちにくいメリットもあります。
また、マウスピース矯正も金属を使用しないので金属アレルギーの心配がありません。
矯正治療前に金属アレルギーがある方は、装置に使用する素材の選択やマウスピース矯正
を検討しましょう。
矯正治療の前に金属アレルギーがあることを伝えておくことが大切です。

まとめ

歯 仙台 矯正

矯正装置が当たって口の中が切れてしまう可能性はありますが、ワックスをつけることで
粘膜を保護できます。
また、歯が動いてきてワイヤーが当たってしまった場合にもすぐに対処しますので、ご相
談ください。
矯正期間中はいつもと違う環境になりますが、できる限り患者さまの負担を軽減できるよ
うな方法をご提案します。
当院ではワイヤー矯正以外にもマウスピース矯正も行っておりますので、気になる方はぜ
ひ1度ご相談ください。