menu
close

ブログ

矯正中は何が食べられる?

こんにちは🦷

仙台キュア矯正歯科です。

今回は矯正中のお食事についてご紹介いたします。

まず、マウスピース矯正の場合は基本的になんでも食べてOKです。

(※食事の際は必ずマウスピースを外し、装着は歯磨き後に行ってくださいね!)

お食事に制限がない、という点はマウスピースのすごくいいところです🦷

さて、ワイヤー矯正はどうでしょうか。

ワイヤーの場合は、硬いものは粘り気のあるものを食べてしまうと

ブラケットと呼ばれる装置が取れてしまう恐れがあります。

是非下記を参考にしてみてください!

3-2. 粘着性のある食べ物や固い食品は要注意

矯正治療中の食事については、いくつか避けたほうがよい食べ物があります。特にワイヤー矯正は、装置を外せないのでさらに注意が必要です。

・強くかむ必要があるもの/前歯で噛み切る必要があるもの

フランスパンやおせんべいなどの硬い食べ物は、負荷がかかりやすいため控えましょう。

硬いものは噛む力が強いため、痛みの原因にもなりますので注意が必要です。

また、前歯でかじるようなトウモロコシやリンゴなども比較的装置が外れやすいです。

 

・装置に挟まりやすいもの

硬くない食べ物の中でも、歯に挟まりやすいものがあります。

また、ホウレンソウやえのきなど、細いものも挟まりやすいので食べる際は注意が必要です。

 

・歯にくっつきやすいもの

キャラメルやガム、お餅など、歯や装置に挟まって取りにくくなる食べ物は避けましょう。

装置が外れてしまうことがありますし、歯みがきをしても残ってしまうこともあります。

矯正中は何かと気を使って生活する必要が出てきます。

ですが口臭や虫歯を予防するためにもお口の中を清潔な状態に保つよう心がけましょう!

お野菜を食べたいけど、歯に詰まるのは億劫だと感じる際は

少し手間ですが、スムージーなどにして採り入れるのも一つの手です。

慣れないうちは少し大変だとは思いますが、工夫してお食事をするよう心がけましょう^^