menu
close

ブログ

矯正治療をやめたい、、、

こんにちは☺仙台キュア矯正歯科です!(^^)!
まだまだ暑い日が続いていますね。
皆さま水分補給はこまめにとっていますか?
熱中症には十分気を付けてくださいね( ;∀;)
さて本日のブログは、矯正治療をやめるときのよくある理由や、
途中でやめる場合のリスクなどをご紹介します。
矯正治療は長期治療です。
その期間で思わぬ理由で治療を途中で
やめざるを得ない事態になってしまうことがあります。
その場合の歯への影響はもちろん、矯正費用はどうなるのかなどの
さまざまな不安を考えてしまい、矯正治療に踏み込めない方もいるのではないでしょうか?

夏のイラスト「かき氷・いちご」

 

矯正治療を途中でやめることになる理由とは?

矯正治療は歯並びを正しい位置に整え、その後 後戻りを予防するための保定期間があります。
この治療期間に矯正治療をやめることになる理由のトップ3を紹介します。

遠方への転居

就職や転勤などが多く考えられます。

生活スタイルの変化

結婚や出産で通いにくくなるケースです。

矯正装置によるストレス

初めはどうしても矯正装置に慣れるまでに時間がかかりますが、
患者さんご自身の想像よりも違和感や仕事などに支障が出てしまうケースです。

 

結婚式が開かれる教会のイラスト(背景素材)

矯正治療を途中でやめるとどうなる?

歯並びが整わない

最終ゴールまでいかなければ歯並び以外にも噛み合わせも含め、不完全なことが多いです。

再開しようとしてもすぐにはできない

再開する場合には新しく現在の口腔内を把握し治療計画を立て直す必要があるので時間を要します。

むし歯や歯周病が増えることがある

歯並びがきれいになっていない箇所はむし歯のリスク、歯周組織に影響を与えて歯を動かすのが矯正なので
途中でやめてしまうと歯周病のリスクが出てきます。

費用がムダになってしまう

歯科医院によって異なりますが、一度矯正を始めてしまうと
それまでにかかった費用は返金されないことが多いです。
矯正治療を途中でやめることにならないために
矯正治療は長期的な通院が必要だということを念頭に置き、
現在から数年後の生活を想像しましょう。結婚や出産の予定や仕事の状況、
転勤があるかなども考慮しておく必要があります。

 

お金を支払う人のイラスト(男性)

当院は、全国11店舗あり、転院可能なのでもし今後転勤や引っ越しなどを
予定している方はぜひ一度無料カウンセリングにいらしてください。

札幌院(北海道)
仙台院(宮城)
横浜院(神奈川)
池袋院(東京)
新宿院(東京)
東京院(東京)
渋谷院(東京)
難波院(大阪)
梅田院(大阪)
博多院(福岡)
天神院(福岡)
すべての医院が駅近で通いやすいです。
全医院での症例検討会や勉強会も定期的に行っており、転院した際には
しっかり情報の交換もしていますので安心して通っていただけます。

 

歯医者の建物のイラスト

まとめ

矯正治療は基本的に、始めた医院で最後まで治療を受けることが大前提と考えましょう。
途中でやめると、歯並びだけでなく金銭的にももったいない結果になってしまいます。
できる限り途中でやめる事態になることがないよう、ライフスタイルやプランはもちろん、ご自身のモチベーションの維持なども考えて始めることが大切です。
もしも転勤などの可能性がある方は、系列医院が複数ある医院を選んでおくと転院しやすいといったメリットもありますので、医院選びの参考にしてください。