メニュー

よくある質問Q & A

すきっ歯を治せますか?

主に前歯部分の歯と歯の間があいている「すきっ歯」も矯正治療できれいに治すことが可能です。

すきっ歯とは?

歯と歯の間に隙間ができてしまっている歯並びのことを、俗にすきっ歯と呼びます。専門的には空隙歯列(くうげきしれつ)と呼び、見た目の問題の他、歯の間に食べ物がつまりやすく虫歯や歯周病のリスクが高いことや、空気が漏れて発音が不明瞭になるなどのデメリットがあります。また、特に前歯2本の間に隙間が空いてしまうことを正中離開(せいちゅうりかい)と呼びます。

すきっ歯の治療

すきっ歯と呼ばれる歯並びにはいくつか原因があります。歯並びにはそれほど問題がないものの、歯が顎に対して小さい、歯自体が変形しているといった症状では、セラミックを用いた審美治療で治る場合があります。一方、歯並びが乱れており、歯と歯の隙間が空いている場合、「過剰歯」と呼ばれ生えきっていない余分な歯が歯並びを阻害している場合には矯正治療が効果的です。
また、前歯2本の間が空いてしまう「正中離開」といった歯並びも矯正治療で比較的容易に改善することができます。

まずは検査を行なった上で、原因を見極め、治療を行なっていきます。

カウンセリングのご予約
・各種お問い合わせは

WEBからのご予約はこちら お電話でのお問い合わせ・ご予約・無料カウンセリングはフリーダイヤル0120-665-708