menu
close

ブログ

大人の受け口もフェイスマスクで治せるの?

こんにちは(‘ω’)ノ
仙台キュア矯正歯科です。
今回は受け口についてブログを書かせていただきます。
受け口は、子供の時期のみならず大人でも大きな悩みとなることが多いですが、子供時代
の治療法である「フェイスマスク」が大人にも効果的なのかについて、専門的な視点から
詳しく考察します。

1.受け口とは?

受け口とは、正常な咬み合わせから外れて下の前歯が上の前歯よりも前方に位置すること
を指す歯科用語です。一般的に、正しい咬み合わせは上の前歯が下の前歯を軽く覆う形と
なりますが、受け口の場合はその逆となります。
この受け口が引き起こす症状や問題点は多岐にわたります。第一に、見た目の問題が挙げ
られます。
顔の印象が不自然に見えることや、笑ったときの表情に違和感を受けることがあります。
次に、噛み合わせの問題から顎の関節痛や肩こり、頭痛などの症状が生じる可能性があり
ます。
また、咀嚼効率の低下や発音の不明瞭さといった機能的な問題も考えられます。

2.フェイスマスク治療の基本

・フェイスマスクとは何か

フェイスマスクは矯正歯科治療で用いられる外部装置の一つです。
お口の中だけではなく。お顔の外側に取り付ける装置のことを指します。
この装置は、顔の前面に取り付けられるマスクと、それに連結される歯に固定するための
アタッチメントから構成されています。目的としては、顎の成長や歯の位置を調整するた
めに使用されます。

・どのように機能するの?

フェイスマスクは、主に上顎の成長を促進または制御するために使用されます。
マスクに取り付けられたエラスティックバンドやワイヤーを、歯に取り付けられたブラケ
ットやバンドに接続することで、特定の方向への力を歯や顎骨に与えます。この力の作用
により、顎や歯の位置が徐々に調整されていきます。

・小児矯正での主な使用理由

フェイスマスク治療は、特に小児矯正に効果的です。子供の顎はまだ成長途中であり、成
長パターンを変えることが容易です。受け口の症状が出始めた子供たちに対して、上顎を
前方へ引き出すためにフェイスマスクが用いられます。この治療により、顎の成長を正常
な方向へと誘導し、将来的な受け口の症状を予防または軽減することが可能となります。

3.大人におけるフェイスマスクの効果

・大人の顎の成長とフェイスマスク

大人の顎はすでに成長が止まっているため、子供時代とは異なり、成長を誘導することは
難しいです。しかし、フェイスマスクは大人においても、歯の位置を調整する手段として
有効です。顎の成長には働きかけることが難しいものの、歯の移動に関しては適切な力を
かけることで調整が可能です。

・期待できる効果

大人の場合、フェイスマスクを使用することで、前歯の位置や噛み合わせの調整が期待で
きます。特に前歯部の受け口や歯の離隙を短期間で矯正したい場合には、フェイスマスク
の併用が効果的です。ただし、全体的な咬み合わせや顎の位置の大きな変更を期待する場
合は、他の矯正方法との組み合わせが必要となることもあります。

4.メリットとデメリット

・フェイスマスクの良い点

まとめ

フェイスマスク矯正の最大のメリットは、特に前歯部の受け口や歯の位置を効果的に調整
できる点にあります。短期間での治療効果が期待できるため、急ぎで矯正を希望する方に
は特に適しています。また、外部からの力を利用して歯を動かす方法のため、歯への直接
的な負担が少なく、歯の健康を保ちやすいという利点もあります。

・考慮すべき点やリスク

一方で、フェイスマスクの矯正にはいくつかのデメリットやリスクが伴います。装置自体
が顔の外部に取り付ける形となるため、見た目が気になる方もいるかと思います。また、
装置の着脱や毎日のメンテナンスに手間がかかることも。さらに、フェイスマスクだけで
の矯正が難しいケースもあるため、他の矯正方法との併用や、治療期間の延長が必要な場
合も考えられます。

5.代替治療法との比較

・他の治療法とフェイスマスクの違い

フェイスマスク矯正は外部からの力を利用して歯を動かす治療法であり、特に受け口の改
善に効果的です。一方、ワイヤー矯正やインビザラインなどの他の矯正方法は、直接歯に
装置を取り付けて力を加え、歯の位置を調整します。これらの方法は、全体的な歯並びの
調整や噛み合わせの改善に焦点を当てた治療が主となります。

・各治療法の適用条件や効果

フェイスマスクは、主に受け口の治療に特化していますが、全体的な歯並びの調整が必要
な場合には限定的となることも。一方、ワイヤー矯正やインビザラインは、歯並び全体の
矯正が可能で、多くのケースに適用できるのが特徴です。しかし、治療期間や費用、見た
目などの面での違いがあり、患者さんの要望や生活スタイル、予算によって適切な方法が
変わることがあります。

6.フェイスマスクとインプラントアンカーの比較

・フェイスマスク

フェイスマスクは、主に顎の成長を誘導するための矯正治療に使用される外部装置です。
特に上顎の成長を促進し、下顎の前突を修正する効果があります。外側からの力を利用し
て歯や顎を動かすため、装着時の違和感や顔の見た目の変化があるのが特徴です。

・インプラントアンカー

インプラントアンカーは、歯を動かす際の支点として埋め込まれる小さなスクリュー状の
装置です。歯を移動させるための力を確実に伝えることができ、特定の歯だけをターゲッ
トにした矯正治療が可能です。外部から見えないため、見た目の影響は少ないです。

・比較

フェイスマスクは顎全体の成長を促すのに対し、インプラントアンカーは特定の歯の動き
をコントロールすることに特化しています。治療の目的や患者の症状に応じて、適切な方
法を選択することが重要です。

7.まとめ

・フェイスマスク治療の総評

フェイスマスク治療は、受け口の矯正に特化した治療法として、近年の矯正歯科分野で注
目されています。非常に特化した治療方法であるため、その効果は高く、特に受け口の改
善には他の方法と比べても高い成功率を誇ります。しかしその一方で、完全オーダーメイ
ドの装置を使用するため、費用が高くなることや、治療期間が長引くこともある点は考慮
すべきです。

・誰におすすめなの?

矯正治療 仙台 疑問

フェイスマスク治療は、特に受け口が強く出ている方、または子供の頃に矯正治療の機会
を逃してしまった大人の方に非常におすすめです。矯正治療を希望するものの、見た目に
装置が目立つことを気にされる方にも、フェイスマスクは舌側からのアプローチという特
性上、推奨できる治療法といえるでしょう。

8.よくある質問

・フェイスマスク治療の費用は?

フェイスマスク治療の費用は、使用する装置や治療の期間、症状の重さによって異なりま
す。また、治療を行う病院やクリニックによっても価格帯は変動します。一般的には、特
化した治療法であるため、他の矯正治療に比べてやや高額になることが多いです。具体的
な費用に関しては、受診される病院やクリニックに直接お問い合わせいただくことをおす
すめします。

・治療期間はどれくらい?

フェイスマスク治療の期間も、症状の重さや治療の目的、患者さんの骨の成長状況などに
よって異なります。一般的には、6ヶ月から2年程度の期間が考えられます。しかし、効果
を最大限に得るためには、定期的な診察やアドバイスに従い、継続的な治療を受けること
が重要です。

・痛みや違和感はある?

フェイスマスクを装着する際、初めは違和感や軽い痛みを感じることがあります。これは
歯が動いている証拠であり、時間と共に徐々に減少していきます。しかし、強い痛みが続
く場合は、装置の適合やフィット感に問題がある可能性がありますので、担当の歯科医師
に相談することをおすすめします。