menu
close

ブログ

投稿日:2023.10.9

マウスピース矯正は差し歯やブリッジがあってもできる?

こんにちは🦷
仙台キュア矯正歯科です🌻
「差し歯やブリッジがあるけれど、マウスピース矯正ってできるの?」とお口の中の被せ
物が気になって矯正治療へ一歩踏み出せない方へ。
結論から言うと、差し歯やブリッジといった人工歯があってもマウスピース矯正は可能で
す!
今回は、マウスピース矯正は差し歯やブリッジがあっても可能なことについて、注意点を
ご紹介します。

マウスピース矯正は差し歯やブリッジがあってもいいの?

差し歯やブリッジとは、むし歯などのお口のトラブルにより歯を失った箇所を補うための
修復物です。
修復物があると、矯正治療で動かすことは不可能なのでは?と思われる方も少なくありま
せん。
じつは、マウスピース矯正は差し歯やブリッジがあっても治療は可能です。
差し歯が1本ある方でも、数本分のブリッジがある方でも本数に制限などはありません。
ただし、歯の根っこが残っていなければ歯並びを整えることはできません。
そもそも、矯正治療での歯の移動は、歯を支えている顎の骨が「破壊と再生」を繰り返す
ことで、歯が徐々に動きます。
目に見えているのは歯の頭ですが、実際には歯の根っこ部分を移動させるため、ブリッジ
や差し歯をしている歯に根っこがなくてはなりません。

差し歯やブリッジがある際のマウスピース矯正の注意点

ここからは、差し歯やブリッジがある際のマウスピース矯正の注意点を解説します。

ブリッジの橋渡しの部分を取り除く必要がある

ブリッジとは、むし歯や歯周病などで歯を失った箇所がある場合、失った歯を補うために
その両端の歯に橋渡しをするように被せる修復物のことです。
そのため、マウスピース矯正で歯を動かすときに、歯の根っこがない橋の部分は切除する
必要があります。
そうすれば、ブリッジの両端の歯は、歯の根っこがあるためマウスピース矯正で動かすこ
とができます。
矯正治療をする予定があれば、ブリッジを被せるタイミングを考えるのもよいかもしれま
せん。
たとえば、むし歯の治療をしてからブリッジを被せる予定で、その後は矯正治療に進むの
であれば、カウンセリングの際などに歯科医師に相談しましょう。
ブリッジを切除する可能性があるため、矯正治療をしてからブリッジを被せるなど治療計
画を変更することもできます。

差し歯を治療後に製作し直すことがある

矯正治療をすると、噛み合わせが整えることができるので、今までの噛み合わせとは変わ
ります。
今までの噛み合わせや歯並びに合わせて、差し歯の形や噛み合わせの高さを考慮して製作

しているため、矯正治療をした後に差し歯を製作し直した方がよいことがあります。
そのため、保険が適用されないセラミックの差し歯などをする予定がある方は、矯正治療
後に被せるなど歯科医師と治療計画を早めに決めておくとよいでしょう。

差し歯やブリッジがあっても矯正のご相談へ

差し歯やブリッジがあるから、矯正をあきらめかけてはいませんか?
今回お話ししたように、差し歯やブリッジがあっても矯正はできます。
ただし、矯正をすると差し歯やブリッジを作り変える可能性もありますので覚えておきましょう。
当院は、マウスピース、ワイヤー矯正を取り扱っていますので、差し歯やブリッジがあるけれど歯並
びを治したい方はお気軽にご相談ください。