menu
close

ブログ

歯科矯正でのゴムかけは痛い?

こんにちは🦷
仙台キュア矯正歯科です🌸
ワイヤー矯正をしている方は、矯正中に装置にゴムをかけてといわれた経験があるのではないでしょうか。
矯正のゴムかけは、歯を適切な力で動かすために大切なステップです。
ただ、矯正中のゴムかけは歯を動かすので、歯が動く時に痛みが出る場合はあります。
そこで今回は矯正のゴムかけの痛みについてお話させていただきます。

矯正のゴムかけとは

ワイヤー矯正は歯の表面にブラケット装置をつけてワイヤーを通して歯を動かしていく治療です。
そのため、歯を横に移動する動きを得意としているのですが、
かみ合わせの上下の動きを整えるのは「ゴムかけ」の方が得意としています。
そのため、ゴムかけは上下のかみ合わせに影響する場合に使用することが多くなります。

 

小さな矯正用のゴムを上下にかけることで、「出っ歯」や「受け口」などの症状も効果的に整えていくことが可能です。

ゴムかけで痛みは出る?

むし歯 矯正 仙台

個人差がありますが、ゴムで力をかけて歯を動かしているので、歯が動いた時に違和感や痛みを覚えることが多いようです。
ゴムをかけていると数日で落ち着いてくることがほとんどで少しずつ慣れていきます。
また、ゴムかけをして違和感があるのは歯が動いているので、矯正が順調に進んでいる証拠です。
痛みがある場合には、痛み止めを服用することもできますが、鎮痛剤は炎症を抑える効果から歯の動きも抑えてしまう可能性があります。

 

通常数日で痛みが落ち着きますが、継続して続く痛みの場合、ほかの原因が考えられ、むし歯などで痛みが出ている可能性もあります。

ゴムかけの重要性

ゴムかけは、最初は違和感がありますが、時間の経過とともに少しずつ落ち着いてきます
決められた通りに装着しないと、歯がしっかり動かないので、矯正治療が治療計画通りに進みません。
上下の歯並びがきれいになっても、かみ合わせや正中がズレているのは残念です。
上下の中心を合わせたい場合には、ゴムかけをした方がきれいに揃いますし、仕上がりも整います。
歯を並べる上で大切なゴムかけは、自分で管理するので、怠ってしまうとせっかく動いた歯が後戻りをしてしまうことがあります。
ゴムかけは矯正を成功させるために大切な工程なのでしっかり行いましょう。

 

お仕事の都合などで日中のゴムかけが難しい方は歯科医師にご相談ください。
患者さまのライフスタイルも考慮して、ゴムの種類を変更して夜間だけかけるようにもできます。

まとめ

歯医者 歯 歯科

矯正のゴムかけは歯並びを整える上で大切な工程です。
ゴムかけを始めた時は、少し痛みが出る場合がありますが、歯が動いている証拠で矯正治療は順調に進んでいます。
数日すると慣れてきますので、慣れるまでの期間少し頑張りましょう。
かみ合わせが合っていない場合や真ん中の正中がズレている場合にゴムかけをすると効果を発揮します。
また、患者さまのライフスタイルに合わせて無理がないように治療計画を立てさせていただきますので、気になる点や考慮してほしい点はお気軽にご相談ください。

 

ただ、ゴムかけをして1週間以上痛みが続く場合には、ほかの原因がある可能性がありますので、お問合せください。
当院では患者さまの歯並びがきれいに整うようにサポートいたしますので、矯正が気になる方はぜひ1度起こしください。