menu
close

よくある質問

抜歯なしでEラインは整いますか?

矯正治療において、「抜歯をするかしないか」「口元は改善するかどうか」というのは患者さまにとって大きな問題だと思います。抜歯については症状によりますが、非抜歯で矯正ができる場合もあります。ただ、抜歯なしの矯正治療は歯を動かす量が少ないため、口元を改善することは難しくなります。

抜歯を行わない(非抜歯)治療について

ディスキング(ストリッピング・IPR)の範囲

非抜歯の場合、ディスキング(ストリッピング・IPR)と呼ばれる方法で、歯のエナメル質を薄く削って歯を動かす隙間を作っていくことが一般的です。ディスキングでは歯 1 本当たり 0.25 ミリから 0.5 ミリ程度は作れます。(患者さまのエナメル質の厚さにもよります。)エナメル質の厚みは個々の歯・個人で差がありますが、だいたい1.5ミリ程度と言われています。ディスキングはエナメル質のおよそ3分の1以内の範囲で行なう分には特に歯への影響はありません。

抜歯をせずにEラインは整えられるのか?

Eラインとは顔を横から見た時、鼻と顎を結んでできる直線(ライン)のことで、横顔の美しさの基準として使われる場合が多くあります。Eライン上か、Eラインよりも少し内側に口先が位置する横顔が理想的だと言われています。

出っ歯や受け口でお悩みで、横からみた口元(横顔)を改善したい時には、やはり抜歯を伴う矯正治療が有効です。「抜歯を行わない矯正治療だと、口元が出る、出っ歯が悪化する」といった不安をよく耳にしますが、治療前にかみ合わせ、歯の動きを計画して行う治療では、口元が治療前より出ることはありません。

仙台キュア矯正歯科では、患者さまがどのような悩みを持ち、どのような歯並び・口元になりたいのかということを事前にお聞きし、シミュレーションを経て治療を開始します。その上で必要な治療をご提案いたしますので、抜歯や口元の改善で不安をお持ちの方は、まずご相談ください。