menu
close

ブログ

投稿日:2022.2.9

デンタルフロス使ってますか?

こんにちは🌷仙台キュア矯正歯科です🌷

 

皆さん、日常の歯磨きに使用するのは

歯ブラシ以外になにかありますか?

 

今回はタイトルにもあるように

デンタルフロス(糸ようじ)の重要性を

お話します!

 

私は歯科衛生士の学校に通うまでは

デンタルフロスは食べ物が歯と歯の間に

食べ物が詰まったときに

使うものだと思ってました(´-`).。oO

ですが、学校でむし歯や歯周病について

学ぶうちにデンタルフロスの重要性に

気づかされました\(◎o◎)/

今ではデンタルフロスなしでは

口の中がきれいになった気がしません、、、

 

毎日しっかりと歯を磨いているのに、

「むし歯になった」

「歯周病になった」

「口臭が気になる」

など、そんな経験はありませんか?

 

それは、歯ブラシで磨けているのが歯の外側ばかりで、

歯間には磨き残しがあるからなんです。

 

歯と歯の間には、歯ブラシでは届きにくい隙間があります。

そこには歯垢(プラーク)が残りやすくなり、

むし歯や歯周病菌が生息しやすい環境となってしまいます。

そこで活用したいのが、「デンタルフロス」です。

 

ワイヤー矯正をしている方は

デンタルフロスが通りにくいので

当院では歯間ブラシも推奨しておりますが

インビザラインなどのマウスピース矯正の方は

ほとんどのケースで使えます♪

 

デンタルフロスが重要である理由は、下記の4点です。

  1. 歯垢を除去するのに効果的

ブラッシングのみの歯垢の除去率は約60%ですが、

デンタルフロスを併用することで約80%まで

あがると言われています。

  1. むし歯や歯周病の予防につながる

歯垢がむし歯・歯周病の原因になります

  1. 口臭の予防・改善効果が期待できる

口臭の原因のひとつが歯垢です。

  1. お口のトラブルを早めに見つけられる

例えば、歯の表面をこするように動かしたとき、

ざらつく感じや引っ掛かりがあると

むし歯になっている可能性があります。

 

マウスピース矯正を始めてからむし歯になってしまうと、

むし歯の大きさや場所によっては

マウスピースと治療した歯の形が変わってしまうので、

また一からマウスピースを作り替えないといけなくなってしまいます

そうすると治療期間も延びてしまいますし、

せっかく、矯正治療を頑張っているのに

詰め物や被せ物ばかりになってしまっては

もったいないです(´・_・`)

当院ではデンタルフロスも

販売しております♪

自分に合ったタイプのフロスや

使い方が正しいのかな、、、など

分からないことがあれば

歯科医師や歯科衛生士に相談してください♪