メニュー

ブログBlog

受け口は矯正で治る?

こんにちは🌞仙台キュア矯正歯科です🦷

最近とても暑い日が続いていますが、皆さん体調は大丈夫ですか(´-ω-`)?

くれぐれも脱水、熱中症に気を付けて下さいね💦

 

では今回は反対咬合という、下顎が上顎よりも前に突き出している症状についてご紹介いたします!

受け口になる原因

①遺伝

②上の歯が内側に生えてしまい下の歯が外向きにはえてしまった

③噛むときに下顎を前に突き出してしまう、舌で下顎の歯を押してしまう舌癖がある

上記等の理由により受け口になることがあります。

受け口は矯正で治るのか

さて、受け口でお悩みの方が一番気になるのは、矯正治療だけで治るのか?ということではないでしょうか。

そもそも受け口は「骨格」によるものと「歯並び」によるものがございます。

歯並びが原因で受け口になっている場合は、矯正治療のみで治る可能性は高いです。

しかし逆を言うと、骨格性の場合は外科治療が必要になる可能性がございます。

矯正治療はあくまでも歯を動かして歯並びや咬み合わせを整える治療です。

骨格を変えるわけではないので、骨格そのものに原因がある場合は改善が難しい場合もございます。

自分の反対咬合は矯正で治るの?

上記でざっくりご説明いたしましたが、「じゃあ自分の歯並びは骨格性なの?それとも歯が原因なの?」

というところは、なかなかご自身では判断がしにくいかと思います。

実際CT・レントゲンを撮影しますと、より詳しい治療方法などご案内することが出来ます。

コンプレックスに感じていたらそのままにせず、是非カウンセリングにいらしてください^^

 

« »

カウンセリングのご予約
・各種お問い合わせは

WEBからのご予約はこちら お電話でのお問い合わせ・ご予約・無料カウンセリングはフリーダイヤル0120-665-708

ご予約・カウンセリングの
お申し込みはこちら

WEBフォームからお申し込み 電話でお申し込み フリーダイヤル0120-665-708
閉じる